デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 谷川岳山頂の方位地名盤 | トップページ | 太陽光発電アドバイザー試験受けてきた »

2012年10月 7日 (日)

ブレードサーバ設定

以前から手付かずになっていたブレードサーバの設定

エンクロージャ構成:

HP Proliant Enclosure C7000 (AC100V電源 x 6冗長、ファンx10)

OnboardAdministrator(Main+Standby冗長)

GbE2cパススルー x 2

ブレード構成:

BL460x12(ブレードごとに異なるが、例えば、QC Xeon x 2、MEM8GB、 2.5SAS 146GBx2、Raid 1 E200i Raid Controller、メザニン QLogic QMH2462 4Gb FC HBA といった構成)

SB40c(2.5SAS 300GB×4、Raid 5)x1、P400 Raid Controller

TapeBlade (LTO3)x1

まずは手始めに、Blade 1に VMware 4.1をセットアップ。

仮想環境のテスト環境用。

ライセンスは1年間なので、早く進めなければ。。。

Bladeはたくさんあるので、CentOSをセットアップ。

SNSのセットアップテスト環境用

3つめはデータセンターとのトラフィックが増えてきたのか、レスポンスが落ちてきたため、ストレージサーバのDFSのテスト環境のセットアップ。

安定稼動を確認したら、本社、工場、データセンター間でのDFSを実装したい。。。

« 谷川岳山頂の方位地名盤 | トップページ | 太陽光発電アドバイザー試験受けてきた »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレードサーバ設定:

« 谷川岳山頂の方位地名盤 | トップページ | 太陽光発電アドバイザー試験受けてきた »

最近の写真

  • P2211586
  • P2211664
  • P2211665
  • P2221693
  • P2221719
  • Pc241409
  • Photo_20230130154601
  • F079a2209037414a84ef532b45bfece9
  • 5fc0df34ae174f14af8b6834a184c501
  • Img_6518
  • Img_6813_20220607150301
  • Img_6814