デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

« IEEE1888対応 25.EMS グリーンICT | トップページ | 3Dプリンター デジタル陶芸 (コーヒーが旨い) »

2014年1月24日 (金)

3Dプリンターヘッドの調温機能

(3Dプリンターヘッドの調温機能と言っても、熱溶融型のFDMヘッドではありません。 弊社の石膏ベースの3Dプリンターのヘッドです。)

以前から、3Dプリンタのインクヘッドの振る舞いが気になっていた。 いくつかのファクターを推定して、まずは簡単な温度調整機能を実装。 LED(緑)はヒータ機能のONと、LED(オレンジ)はヒータのONで点灯。

放射温度計で計測したところ、ヘッド部の温度はいい感じに暖まりました。 意味があるかどうかは不明です。 むしろヘッドが乾燥しやすくなって逆効果かも。。。 

Img_2914

しばらくこれで様子を見てみます。

ヒータON時、DC24V、600mA程度

« IEEE1888対応 25.EMS グリーンICT | トップページ | 3Dプリンター デジタル陶芸 (コーヒーが旨い) »

3Dプリンター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3Dプリンターヘッドの調温機能:

« IEEE1888対応 25.EMS グリーンICT | トップページ | 3Dプリンター デジタル陶芸 (コーヒーが旨い) »

最近の写真