デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

« Nゲージのレールを磨く??? | トップページ | 樹脂型3Dプリンターの屈曲特性は? »

2015年8月 1日 (土)

タイルの表面処理

タイルも表面がガラス質の焼き物

表面に光沢のある陶器オブジェクトへのプロジェクションマッピングのテスト

そのままではテカってしまうので、表面処理してから、いつものプロジェクションマッピング用の塗料を塗布。 強度は? 反射の具合は? といろいろ評価。 合格デス!

P7246606
左から 光沢のあるタイル表面そのまま、
     表面処理のみ、
     表面処理後、塗装 (→これはうまく塗れなかった)
     もう一工夫、
     で、プロジェクションマッピング用塗装仕上げ(A)。
     プロジェクションマッピング用塗装仕上げ(B)。 → これを採用。

« Nゲージのレールを磨く??? | トップページ | 樹脂型3Dプリンターの屈曲特性は? »

デジタル陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554687/62523131

この記事へのトラックバック一覧です: タイルの表面処理:

« Nゲージのレールを磨く??? | トップページ | 樹脂型3Dプリンターの屈曲特性は? »

最近の写真

  • P3099242
  • P3069227
  • P2269137
  • P2269136
  • P2219111
  • P2088933
  • P2058902
  • P2028766
  • P2028759
  • P1268667
  • P1268662
  • P1268660