デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

« 3Dプリンターお約束のリング 樹脂編 | トップページ | Z510 3Dプリンター修理 バインダーの流量が少ない »

2015年10月21日 (水)

回転テーブルを回転させる ターンテーブル

直径30cmくらいの回転台。テレビなどを載せておいて、見やすい方向に向けるときに使う。安価な割りにはまあまあ遊べる感じなので、何枚か買って使っている。

Pa218987  小さいほうのターンテーブルにメロンパンを載せて撮影。 

そのまま、塗装作業をするときに、ろくろのようにクルクル回して使ったり、外周部分にタイミングベルトを接着して、外縁部に付けたステッピングモーターで回したり。。。 これはデジカメと組み合わせて360°あらゆる方向から自動的に商品撮影させようとして作ったもの。
(デジタル制御のターンテーブル)

Pa218988 台の下に内蔵されたステッピングモータで回転。

かれこれ10年以上前に作ったものですが。。。

商品は、「ターンテーブル テレビ台」で検索。 大きさによって数百円程度

« 3Dプリンターお約束のリング 樹脂編 | トップページ | Z510 3Dプリンター修理 バインダーの流量が少ない »

システム開発」カテゴリの記事

デジタルクリエイト」カテゴリの記事

コメント

突然すいません

モーターで回転角度を変えられる台を自作しようと考えておりまして、
まさにジャストな記事で非常に参考になりました!

それで回転台やギヤの入手に関しては何とかなりそうなのですが、
この回転台側についている凸凹のゴムテープのような部品がどうしても見つからず…

この部品はなんという名前のものなのでしょうか?

タロウさん

こんにちは

回転台外周に貼ってある凹凸付きのゴムテープは「タイミングベルト」です。
実際には輪になっていてぴったりと嵌ります。ズレ防止のためG17ボンドで固定しています。
ギアと呼んでいるものは「プーリー」といいます。
両方セットで使うと、概ねカッチリと組み合わさります。
厳密にはこの方法ではタイミングベルトは裏返しの状態なので、よろしくありませんが、、、。
業務用の部品なので、個人で入手できるかどうかはわかりませんが、「プーリー タイミングベルト」で検索してもらえればすぐに見つかります。

できあがったら写真でも見せてください~

なるほど!タイミングベルトだったんですね
どうりでどこを探しても見つからなかったんですね…
プーリーのほうは3Dプリンタで何とか作ろうと思っていましたが
セットのほうが良い感じに収まるかもしれないんですね

詳細にありがとうございます!
うまく組み上げらえるように頑張ってみます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554687/62520216

この記事へのトラックバック一覧です: 回転テーブルを回転させる ターンテーブル:

« 3Dプリンターお約束のリング 樹脂編 | トップページ | Z510 3Dプリンター修理 バインダーの流量が少ない »

最近の写真

  • P3099242
  • P3069227
  • P2269137
  • P2269136
  • P2219111
  • P2088933
  • P2058902
  • P2028766
  • P2028759
  • P1268667
  • P1268662
  • P1268660