デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

« デジタルガラスアート? 色見本 割れました | トップページ | デジタル陶芸 第2世代で造形! »

2016年7月19日 (火)

第2世代へ進歩かな

なかなか造形強度が上がらず、3Dプリンターからの取り出しの際や、余分な粉を取り除くデパウダー作業時に壊れてしまうこともあり、歩留まりがよくなかったため悩んでいました。

前回の磁土から陶土へのチャレンジで、ヒントを得て、あれこれ試したところ、だいぶ改善されました。

弊社規定(?)の標準カップは、以前は7割くらいの歩留まりでしたが、現在は9割以上になりました。

今まで製作がむずかしかった形状も、成功率が上がりそう。

ただ、その後の焼成についての評価はこれからですが、うまく焼けてくれれば第2世代への進歩です。


P7215438
微調整しながら試した標準カップが大量にできあがりました。。。




« デジタルガラスアート? 色見本 割れました | トップページ | デジタル陶芸 第2世代で造形! »

3Dプリンター」カテゴリの記事

デジタル陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2世代へ進歩かな:

« デジタルガラスアート? 色見本 割れました | トップページ | デジタル陶芸 第2世代で造形! »

最近の写真