デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

« デジタル陶芸 割れたお皿を焼いてみる | トップページ | デジタル陶芸 丸いお皿の分割(その2) »

2017年2月 8日 (水)

デジタル陶芸 何かにはめ込む部品を焼いてみる

今回は、ビンのキャップなのでしょうか? ボランティアデータでお送りいただいたデータなので、用途不明なのですが、内側にネジ山がきってあります。

P2058902

造形の変形、乾燥時の変形、素焼き時の変形、本焼成時の変形を経て、このような形に焼きあがりました。 釉薬を掛けると訳が分からなくなるので、施釉せずにそのまま本焼成。

寸法精度は不明ですが、ネジ山の形はそれらしく再現されているようです。

« デジタル陶芸 割れたお皿を焼いてみる | トップページ | デジタル陶芸 丸いお皿の分割(その2) »

3Dプリンター」カテゴリの記事

デジタル陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554687/64867787

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル陶芸 何かにはめ込む部品を焼いてみる:

« デジタル陶芸 割れたお皿を焼いてみる | トップページ | デジタル陶芸 丸いお皿の分割(その2) »

最近の写真

  • P3099242
  • P3069227
  • P2269137
  • P2269136
  • P2219111
  • P2088933
  • P2058902
  • P2028766
  • P2028759
  • P1268667
  • P1268662
  • P1268660