デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

« デジタル陶芸 <引き算編>3 | トップページ | デジタル陶芸 <引き算編>5 θ軸の追加 »

2021年6月25日 (金)

デジタル陶芸 <引き算編>4

デジタル陶芸の別アプローチ。

形状を切削加工で作り上げる方法として、NC加工機による削り出し加工に挑戦中。

これまでのデジタル陶芸プロジェクトで、「こんな形状は作れませんか?」というお問い合わせをいただくが、中にはほぼ従来手法でできるもの、コストを下げたいというもの、難しくて作れそうもないもの、いろいろなご相談をいただく。

実現したいのは山々であるが、これまでやってきたデジタル陶芸は研究中の方法なので、決して安く作ることはできません。

それでもどうにか形にしたいというケースで、別のアプローチはないかと考えたのがこの方法。
粘土で大まかな形を作って、表面形状をデジタルデータで再現させる方法である。

簡単そうでそうでもない、いくつかの課題があるが、どうにかチャレンジできるのでは?
と思いついてNC切削加工機で加工してみている。

手元で使用できるのは、XYZの直交軸型の3軸加工機。円筒の側面などに加工するにはちょっとばかり工夫が必要。

まずは、平らな植木鉢の底面に加工してみた。

 

 Img_4734
レリーフ的に削る方法と、穴加工で、いろいろな問題が出たがどうにかクリアできたようだ。

次は、植木鉢の側面に加工してみる。
写真の側面の落書きは、手作業で削ってみたもの。


« デジタル陶芸 <引き算編>3 | トップページ | デジタル陶芸 <引き算編>5 θ軸の追加 »

3Dプリンター」カテゴリの記事

デジタル陶芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デジタル陶芸 <引き算編>3 | トップページ | デジタル陶芸 <引き算編>5 θ軸の追加 »

最近の写真

  • Img_4600
  • Img_4734
  • Img_4600
  • Img_4603
  • Img_5275
  • P3099242
  • P3069227
  • P2269136
  • P2269137
  • P2219111
  • P2088933
  • P2058902