デジタル陶芸

  • P3069236
    3Dプリンターを使った、土地土地の土を使うデジタル陶芸
    Webページはこちら

ウェブページ

2021年6月29日 (火)

デジタル陶芸 <引き算編>5 θ軸の追加

いよいよ植木鉢の側面への加工。

皿のような形状であれば、このままで、うまく工夫すれば加工できそうだが、植木鉢やツボ、コップのような形状の外周面への加工はそのままではできないので、NC加工機を改造することにする。

■機械的な考察

まずは、これらの形状のものをどうやって固定するか。
当面は素焼きされた堅いものを掴めれば、あとはどうにか回転させられるのではないかと思い、旋盤と同様に加工対象物の中心軸を中心に回転させる。

固定は強すぎても弱すぎてもダメなので、ちょっと工夫。

植木鉢は回転体のように見えて、当然大きな歪みがある。
旋盤加工であれば、こういった歪みの無いものを加工するので、ここも一工夫必要。

回転軸も物体の中心線とは限らないし。


アルミ板を六角形に切り出し、止め金具をつけるためのタップ穴加工したり、モーターユニットなどをアルミフレームに固定し、植木鉢を保持する準備ができた。

植木鉢の中心軸は数ミリズレて、傾いているし、底から上辺までの高さも一定では無い。

軸のズレや傾きを吸収しつつしっかりと固定。

恐る恐るモーターを回転させて、植木鉢が回ってくれるのか。。。。

 

回転軸用に用意した機器のモータは、精密に回転制御できるように、パルス信号によって0.01度単位で回転量を制御できる。

パルスジェネレータを持ち出し、モータ制御信号として遅いパルス信号を入れてみる

 

数十Hz程度から試す
最初こそ、ピキッと音がして小さなキズが入ったが、いい感じに固定されているようだ
時計の秒針よりはるかにゆっくりと回し始め、徐々に速度を上げてみる

問題はなさそう。

どんどん周波数を上げて、毎秒数回転くらい、まだまだろくろよりは遅そうだが、そこまでの速さは必要ないので、機械仕掛けはこれで良しとしよう

ろくろと違い、焼成したものなので、不均等な歪みがあり、回転速度を上げると歪んでいることがよく分かる


次は電気系かな

2021年6月25日 (金)

デジタル陶芸 <引き算編>4

デジタル陶芸の別アプローチ。

形状を切削加工で作り上げる方法として、NC加工機による削り出し加工に挑戦中。

これまでのデジタル陶芸プロジェクトで、「こんな形状は作れませんか?」というお問い合わせをいただくが、中にはほぼ従来手法でできるもの、コストを下げたいというもの、難しくて作れそうもないもの、いろいろなご相談をいただく。

実現したいのは山々であるが、これまでやってきたデジタル陶芸は研究中の方法なので、決して安く作ることはできません。

それでもどうにか形にしたいというケースで、別のアプローチはないかと考えたのがこの方法。
粘土で大まかな形を作って、表面形状をデジタルデータで再現させる方法である。

簡単そうでそうでもない、いくつかの課題があるが、どうにかチャレンジできるのでは?
と思いついてNC切削加工機で加工してみている。

手元で使用できるのは、XYZの直交軸型の3軸加工機。円筒の側面などに加工するにはちょっとばかり工夫が必要。

まずは、平らな植木鉢の底面に加工してみた。

 

 Img_4734
レリーフ的に削る方法と、穴加工で、いろいろな問題が出たがどうにかクリアできたようだ。

次は、植木鉢の側面に加工してみる。
写真の側面の落書きは、手作業で削ってみたもの。


2021年6月24日 (木)

デジタル陶芸 <引き算編>3

削ることはできたので、早速、NC加工機に植木鉢を固定してみよう。

側面は曲面になっていて、しかもきれいな曲面ではなく、かなり歪んでいる。

手始めに植木鉢の底面に加工してみる。

ここは概ね平面っぽい。

通常の固定方法でクランプすると割れてしまうので、ちょいと工夫して固定。

 

トランプのハート、ダイヤ、スペード、クローバーのマークの形をCADでちょいちょいと描いて、加工データを作る。

どんな刃物がよいのか手探りで、加工速度、送り速度、色々調整しながら加工。

粉塵がすごいので、水をかけながら。

水ポンプはどこかにあったけど、とりあえずは手作業で。
Img_4600

 

Img_4603
何度も試してどうにか加工できてきた。

デジタル陶芸 <引き算編>2

植木鉢彫刻、まずは手始めに、ハンドリューターで削ってみる。

粉が飛んで、健康によくなさそう。

削ることはできるようだ。



2021年5月10日 (月)

デジタル陶芸 <引き算編>

粉末粘土を3Dプリンターを使ってのデジタル陶芸。
作れる形と、難しい形、少しづつ知見が溜まってきた。
この方法でなければ作ることができない難しい形状はさらに研究を進めるとして、比較的簡単な形状のものを別の方法で作り出せないかと考えた。

今回は方向性を変えてのチャレンジ。
3Dプリンターではなく、NC切削加工機を使ってみる。

3Dプリンターは素材の元を組み上げて形を作っていく、いわば、足し算によって形を作り上げていく。
一方NC切削加工機は、大きな素材の塊から不要な部分を削り落としていく、引き算による成形法。
一般にはNC切削加工は鉄やアルミニウムなどの金属を削って、歯車などの機械部品を作るときに使われる手法だ。

陶芸の世界では、日常的に使われてはいなそうな加工方法のようだ。

《目標》ベースとしてロクロ作業でだいたいの形状を作ったものを用意し、仕上げ工程として、NC切削加工によって表面にレリーフ状の模様をつける。

しかし、ロクロ作業なんてやったことがないので、手抜きで今回は市販の植木鉢を使うことにする。
この側面に、レリーフを彫り込んでみよう。
ということで、当面は表面より彫り込まれた凹形のレリーフになるが、ロクロ作業の時に厚めに作れば、凸型のレリーフも作れるはず。

早速100円ショップとホームセンターで、植木鉢を購入。
これなら失敗しても、ダメージは少ない。

さてどうなることやら。。。

Img_5275

2017年3月 9日 (木)

デジタル陶芸 丸いお皿の分割(その3) 金継ぎ

デジタル陶芸で「金継ぎ」にチャレンジしたいというボランティアデータ。

本焼成してみました。

P3099242
時間がなく、釉薬はテキトーに塗っただけなので、はじいてしまって、ダメダメですが、イメージは掴めました。
予想はしていたのですが、やはり、薄く細いパーツは耐えきれずに曲がってしまい、釉薬が棚板と一体化してしまい、取り外せなくなりました。。。

2017年3月 6日 (月)

デジタル陶芸 瀬戸焼 焼成できました

釉薬は石灰の透明釉をかけ、1270℃で焼成してみました

いい感じに焼けました

P3069227
試し撮りしたところでデジカメのバッテリー切れ
無数にあいた六角形の穴がしっかりときれいに再現できています

その他の写真は後日。。。

2017年2月26日 (日)

デジタル陶芸 瀬戸焼 造形は成功

今回は瀬戸焼用の土で造形にチャレンジです。

とりあえず、これまでの経験値を生かして、パウダー調合。
3Dプリンターを動かしてみると、やはり、これまでの土とも違う。。。
それでも、3回ほど出力してベストな設定を選ぶ。
P2269136

今回、瀬戸焼用の土で3Dプリントしたものの一部です。
主にこれまでに実績のあるデータを使って出力してみました。

中央の角皿は割れたのではありません。
もともとこのように3つのパーツに分かれています。
さて、次は素焼き。
乾燥させて、実験用の炉に入れてみます。
P2269137

中央の土偶さんのボディは、比較のため、佐賀の土のものを一緒に焼いてみます。
この状態では、佐賀の土に比べ、赤色っぽいです。
焼くとどうなるか楽しみです。

2017年2月21日 (火)

デジタル陶芸 次は瀬戸焼にチャレンジ!

デジタル陶芸 第3弾は瀬戸焼にチャレンジ!

瀬戸焼の土を送ってもらうので、デジタル陶芸用3Dプリンターの1号機は、パウダーを全部取り出して準備万端。

P2219111

2017年2月 8日 (水)

デジタル陶芸 丸いお皿の分割(その2)

丸いままであれば単純な形状のお皿ですが、ちょっと薄くて曲線の分割ラインが入っているデータです。 お皿のように焼成してから組み合わせたいとのことで、いただいたデータをそのまま造形、素焼きしてみましたが、薄く細すぎてNGでした。

今回は厚みだけ変えて、実際のお皿程度の厚みで再チャレンジ。



実際にはもっと厚くしたものも試しましたが、造形はできたものの厚すぎてお皿っぽくないので却下。

P2088933

今回は素焼きまでは概ね順調にいけました。

ただ、釉薬を掛けるとどうなるのでしょう。。。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Img_4600
  • Img_4734
  • Img_4600
  • Img_4603
  • Img_5275
  • P3099242
  • P3069227
  • P2269136
  • P2269137
  • P2219111
  • P2088933
  • P2058902